博物館美術館で食事をしてみる。

箱根ラリック美術館

所在地; 〒250-0631 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原186-1  
<<地図 はこちら
ウェブサイト;  
http://www.lalique-museum.com
また行きたいか?; ウーム。 
行ったのは?; 2007年5月

ラリックというのは20世紀初頭フランスの工業デザイナー。 アールヌーボーからアールデコの時代の人です。
香水瓶に意匠を施すという産業を始めた人でもあります。
そんな人の作品を集めた岐阜県の山大尽のコレクションを展示しているのがラリック美術館です。



箱根の仙石原の広々とした風景の中に建っています。
庭の造作は上手です。 芝生の中の植木鉢の配置が、いかにも素人で
「ガーデンデザインナーの関与していないところでやったな」とありありとわかるところがちょっとキズ。
こんな庭を見ながらのランチは気持ち良いだろうと期待させます。

 



プルマン社の食堂車にラリックが意匠デザインした例

中でウンチクを聞きながらコーヒーがいただけるそうです。
 


ランチに使いましたが、ま、雰囲気はファミレスに毛が生えた感じ。 若者のデートには良いかもね。
従業員へのトレーニングが不十分で、「あなた、前職は居酒屋だったでしょ?」という雰囲気のおねーさんが「元気良く」仕事して美術館の狙っている路線を蹴 飛ばしていますhi
ネーピアのアンティークセンターに二束三文でゴロゴロしていたものが、展示品として飾ってあるのを見てXYLと「あれ、買って来ればよかったぁ」でした。

ためしに今度晩御飯を食べに行こうかな?

美術館の展示自体は面白かったです。

ミュージアムショップは おばさん、おねーさん向きのお土産が大変充実しております。


博物館美術館食べ歩き見出しへ
戻る。 趣味見出しへ戻る。 ホームへ戻る。  (c)ZL2PGJ 2007 使用条件