Mt Fuji
Mazda Roadster (ND) RF-RS マツダロードスター (ND) RF-RS


ユーノスロードスター(NA)がでたころ。 バブルでしたなぁ 昭和バブルの末期。 PGJはバブル好景気には無関係でしたが、その後、勤め先はバブル崩壊で消滅
印象深いと言えばNB。 ZLでSW20に乗ってNapier -Taupoロードを走っていた際に、後ろに付いたMX-5(NB)を振り切れなかったのが強烈な思い出。
 「え?こっちは200psのハズだろ?」  (実は、当時のトヨタ自動車の馬力は8掛けと言われていたものです。 カタログが200psだったら実際は160ps。) ともあれ「なんて速いんだろ う!」 というのが強烈な印象でした。 なにしろ、あの山道は法定速度が100km/hでございますので。hi

で NC。 2005年に広島の東洋自動車本社で見たクレイモデルは左下写真のような「はぁ?」。 
とはいえ 日本に引っ越してきて、Audi A3.2、日産Zロドスタ、と3台の思案した中にいたのはNC。

NC cray model NC実車 マツダ本社

結局MX-5を買わなかったのは東洋自動車各販売店のややこしい「抱き合わせオプション」にうんざりしたから。 「伊がほしいなら呂も波も抱き合わせ」と かいう販売方法。 景品表示法や、自動車公正取引規約違反ギリギリの販売方法ね。 いわゆる「抱き合わせ販売」。 あれにうんざりして購入に至りませんで した。 
マツダのク ルマは前世紀末から約30年間で4度も買いに行っておりましたが、同じ理由で止めにしたくらいで。。。

あれから、十数年。 広島の会社も販売店にうるさく言うコンプライアンス部ができたらしい。 で、魅力的になってきましたよMX-5 ロドスタ。

という訳で、TT(8S)ロドスタの入れ替えで買いました。 「 アウディも15年乗れば十分堪能したし、楽しかったし。 あの調子で走っていたら免許か命のどちらか無くしかねない。」と、悟ったので、次の身 分相応なクルマを探し始めたわけです。 S1が速すぎるからTTロドスタにして、TTロ ドスタも 速すぎるから、マツダのロドスタにした。 というのが まず第一の理由。 その他の理由はTTロドスタの記事をご参照ください

税金保険燃料以外に年間100万円越えの維持費の掛かる(延長保証が切れたら150万)TTロドスタにに比べると、MX-5。 私のRF-RSでも車体だ けなら500万でお釣りが来ます。 おまけに、ポテンザのS007aの値段はTT-8Sの場合4本27万円也 (しかも年3-4セット必要。。。 さすがにXYLが足回りの 維持費に苦情を言い出した)ですが、NDの場合、S007aメーカー希望価格でも16万円也だし、製造数が多いらしく、実売価格はもっと安い(年1回で済 む)。 実に「サラ リーマン身分相応」なスポーツカーです。 hi 
TTのようにハイテクでもジュラルミン-カーボン-高張力鋼板の 複合素材製でもありませんが(NEはそうなるらしいですね。)、さりながら、いいですよ。 実に吉野家の牛丼! 「早い安い旨い。で免許も命も無くならな い。」。 (そう安くもなかったが、、、8Sよりは遥かにお手頃なお値段でございました)

さて、恒例 カタログスペックをPGJが過去に乗ったクルマと比べてみましょう

車 種

年式
Toyota
  MR2 
(SW20-V)

1999
Audi
TT 2.0 Quattro
 (8J)
2012
Audi
S1 2.0 Quattro
(8X)
2015
Audi
TT-Roadster
(8S)
2015 
Mazda
Roadster
(NDRF)
2020
車体重量 1,250kg 1,400kg 1,360kg 1,510kg 1,130kg
原動機出力 147kW
(200ps)
@7,000rpm
155kW
(211ps)
@ 4300-
6,000rpm
170kW
(231ps)
@ 6,000rpm
169kW
(230ps)
@4,500-
6,200rpm
135kW
(184ps)
@7,000rpm
Power Weight ratio 8.50Kg/kW 9.03Kg/kW 8.00Kg/kW 8.93Kg/kW 8.15Kg/kW
最大トルク 205.9Nm
@6,000rpm
320Nm
@ 1,600 - 4,200rpm
370Nm
@ 1,600-3,000rpm
370Nm
@1,600-4,300rpm
205Nm
@ 4,000rpm
Torque Weight ratio 6.07Kg/Nm 4.38Kg/Nm 3.68Kg/Nm 4.08Kg/Nm 5.37Kg/Nm

数字だけ見ても如何にS1が速かったかがわかります。 あのお買い物カーでポルシェの後ろに張り付いて山を走って居ればですねぇ。 タイヤもブレーキも パァです。 hi

こう並べて盛ると、最近のターボ車のパワーバンドの広さは見事ですね(8J, 8X & 8S)。 一方NDは自然吸気2.0リッターエンジンという点でSW20と似たような数字です。
また、SWと見比べてみるとNDでもまだパワーありすぎだったか。 PGJの腕相応というほど、NDは非力でもないか。。。 ZLのオープンロードに最適 な感じだ なぁ。 

ついでに 昨今流行なので「環境負荷」についても見てみましょう。
 
車 種 年式 Audi TT Roadster (8S)
1995
Mazda MX5 Roadster
2020
車輛製造CO2排出量 kg
α
800kg*
燃料消費 km/liter
8.0
14.0
年間走行距離 km
15,000
15,000
消費燃料/年 liter
1,875L
1,071L
燃料由来CO2量/年 kg**
4,354kg
2,488kg
タイヤ寿命 km
5,000km
12,000km
タイヤ製造輸送関連CO2量/年***
434kg
169kg
総CO2/年
4,768kg
2,657kg
年間削減CO2 kg
対照
-2,111kg
年間削減率 %
対照
-44%
計算の基本データは以下から類推した。
* 自動車製造 LCA 情報: http://www.jama.or.jp/eco/earth/earth_05_g01.html
** ガソリン LCA 情報: https://www.env.go.jp/council/16pol-ear/y164-04/mat04.pdf
*** タイヤの LCA 情報: https://www.jatma.or.jp/environment/pdf/lcco2guideline.pdf

年間2トンのCO2排出を削減したんだから立派なもんです。

このクルマの気に入ったところ


このクルマのここがなぁ。。。
さて、色々納車後につけましたが。 ディーラー

メーカー資本でないので営業のT&Eが今一つですが、まぁFCのAudiディーラーよりはマシです。 今後に期待。 まぁヤナセや HawkesBay Toyotaの品質を求めてはいかんのでしょう。 営業はクルマを買ったら縁切れですが、サービス工場はどんな感じかな?  

これから付けたい物


うそ。 hi

このクルマに乗る際の注意事項


広島には雨が降らんのか? という疑問は、エアコンフィルターが無いについての「広島には木が生えてないのか?」と同じくらい多くのロドスタユーザーが途方に暮れています。 このクルマは雨漏りします。 幌車のホロの隙間から漏れるのではなくて、雨樋の設計不良です。
以下は掃除の要領です。 保証期間中はせっせとディーラーで掃除してもらいましょう。



ZL2PGJ/7L2PGJ
剥げたらツルツルに剃りましょう。 
オープンは屋根が開いたときに薄ら禿が出てくると、みすぼらしい。 hi 
頭髪が薄くなってきたら、キャップをかぶるかツルツルにするか ですな。




ブログのNDの記事一覧
 今までの車歴 PGJ趣味一覧 ホームに戻る 使用条件 (c)ZL2PGJ/7L2PGJ 2020, 2021