近代史上世界最大の山岳遭難事故

小説でも映画でも有名な、いわゆる「八甲田山」です。
まぁ、良い映画でした。 勧善懲悪小説をさらに丸くしたのが映画でしたが、奥入瀬川の発電所近辺で行われた撮影は地獄で、地元民曰く「死人が出るよ」ような有様だったそうな。
で、以下は史実を掘り返す努力をした作品です
https://amzn.to/49bztqO
この週末、興味深く拝見しました。
青森で学生時代を過ごし、八甲田山で遊んだ者には、忘れがたい事件です。
近代史上最大の山岳遭難事故。 ですので。
蔦温泉の裏山で正月にXYLとカンジキ履いて沼巡りしながら「天は我々を見放したぁ!」とかやりながら温泉まで戻ってきたら蔦温泉の帳場で「生きて帰ってよかったな、全部聞こえてたぞ」とひやかされたのは爆笑な思い出。
1990年代のお話。