スカッフプレート交換

NDロドスタのスカッフプレート。東洋自動車は国内市場にオプションを出していないので、ユーザーは輸入したり、隣国のパチモノを使ったりと大変
で、PGJも隣国のなんちゃって製品を使用していましたが、どうもフィッティングが悪いのでmazda純正の北米仕様プレートを購入しました

どうにもならんので撤去

まずは「なんちゃって」を剥がします。
これ試してみたい人にあげます。6月中旬には不燃ごみ。
取り替えたのは

US Mazda Prat ID: 0000-8T-D36

キット一式

まず添付のアルコールパッチで貼り付け位置周辺を清拭します。
次に型紙を切り抜いて貼り付けます。 ちなみに米国使用ですのでDriver sideは左側ですのでお間違えなく。

この状態で、今度は下地処理剤(有機溶剤、トルエンかな?)で型紙の穴の中を拭きます。
脱脂剤と樹脂溶剤 多分ポリマーをモノマー化する溶剤

モールの樹脂が溶けて表年が粗くなってきます。

型紙を剥がしたところ。
で、2-3分待って。
別の位置決め用の型紙を貼って。
プレートの裏側の剥離紙を剥がして。
ぺた

だいぶ小さくなりましたが実際蹴っ飛ばすのはこの辺りでしょうし。
こんなもんですかね。