XYLとPGJが初めて王仁塚(わにづか)を訪れたのは前世紀のことで、当時XYLと新田次郎の武田三代を読んでいて、ふと「武田八幡に行ってみよう」と思い立ち、やって来たら近所に大きな桜の木が!
当時は「知ると人ぞ知る」で、近所のお宮さんの敷地に駐めて「はぁ!」と感心しておしまい。
駐車場に困るとか、足元が農地だとわかっていない暴走カメラ老人が田畑を踏みにじる。ということもなく。
ほんとうに長閑なものでした。

今や観光バスが団体客を連れてきます。 
で、あまりに農業被害がひどいので駐車場を作ったり、撮影台を作ったり、地元も大変です。
なにしろ、地元にほぼ金が落ちない。
雀の涙の協力金を払ってもらうだけですから。

確かにお見事な桜ですが、XYL曰く
「あのようなところに三脚並べて他人と同じ写真を撮って何が楽しいのか?」
確かに

The sun setting through a dense forest.
同じ場所で こういう風景もございますよ。

あの樹の下で宴会できるがうらやましいぞ。
いつもながら お見事!

で、今年一番の画像収穫は。 これです。

白菜はアブラナ科の植物です
というのがよく分かる越冬した白菜の開花です。

武田八幡宮は以下 

この週末の雨でだいぶ散ったかもしれません。
とは言えこの後は武川の桜がありますなぁ。

close

よかったらシェアしてくださいね

Twitter
Fb messenger