amazon特売デーにXウイングと共に買って、放置していたスターウォーズの帝国軍二足歩行兵器
作りました。

デフォルメのモデルデザインはお見事
フィリップスの空気清浄機の上で映えます

つまんなかった。

モデル造形は確かに立派だけど作る歓びがない とでも言いますか。 確かに雰囲気は上手に再現していますが、本当に作っていてつまらん。 120分もかかってしまった割に、つまらん。 部品が細かいだけ。 

平滑部品と特殊部品を併せれば造形は似てきます という部品群
お見事です
鉛直に対して斜め とか レゴは苦手だったのですから解法はさすがです。

とはいえ。 たぶん10万円なりのミレニアムファルコンを作っても、これの「20倍手間がかかるだけ」なんだろうなと思うと、いきなり物欲が雲散霧消しました。
岐阜の陶磁器美術館の特別展で「失敗したデンマークデザイン企業」の例としてロイヤルコペンハーゲンとレゴを挙げていました。 前者はコストダウンに集中しすぎのアジアの安い労働力に頼りすぎで、本来の芸術性や品質を投げ売ってクズブランドに なった。 後者は既存の映像作品と連携して、本来の創造性を投げ売ってしまい、ただのフィギュアメーカーに なった。 
まさに。

昨今コンピュータソフトで設計できるので、ますます造形のありがたみがなくなるというか。 昔はレゴの造形作家って神のように言われていたんですけどね。

close

よかったらシェアしてくださいね

Twitter
Fb messenger