大道具小道具Gadjgets 話の種 ミニ

amazonドライブ ダウンロードできん!

マイクロソフトさんのOne-drive、グーグルさんのGoogle-drive、アマゾンさんのAmazon-driveと各種クラウド保管サービスがあります。 PGJはもっぱら写真の保管に使っているので静止画なら容量無限大のAmazon-driveが主力です。 AWSのアカウント作ってホームページやらなにやら引っ越すというのも考えましたが、ともかくあそこはサービスが中の人でもわからないくらいに増えていて、PGJも「今度XXと云うサービスを始めるんですがその機材がこれ。」みたいな相談を受けて「はぁ。。そんなサービスがあるのねぇ」でしたからhi
調子に乗って機能性能を増やすと課金がかなわん。 企業が使うには最高に柔軟性のあるサービスですけどね>AWS。

Google-driveを主力に使わない理由は容量無限大サービスがないことと、cloudに上げた画像を圧縮し、ついでにローカルドライブの画像まで圧縮ファイルにシンクロしてしまうことでした。(今はどうかしらんですが昔はそうだった)

というわけでGoogle-driveはスマートフォンで記録用のジャンク写真を撮った際やスクリーンショットした際の画像転送用、Google-map連携写真保存用としてしか使っていません。
先週スマートフォンをXperia-SOV38からiPhone-13-MaxProに替えたので、今後ジャンク保管用はiCloudを使うかも知れませんが、今はジャンクは基本Googleさん。

で、Amazon-driveですが、冒頭の写真のweb-tool上でUploadするとしばしば数枚の写真を失敗したメッセージが出ます。 これは「やり直せばいいや」でしたが、先月アルバムの保存先をPGJのアカウントからXYLのアカントへ変更することにして(プライムビデオなんかの契約もXYLのアカウントだし)、全ダウンロードしようとしたら

これですよ

1T-bytes超えの容量を何百回に分けろというのか馬鹿野郎。 これが密林得意の強制囲い込みか!? 景表法違反だぞ(有利誤認)! とブチ切れながらAmazon-driveのFAQを見るとやはり似たような怒りの書き込みが。。。

「さてどうしたものか?」と見てみるとAmazon-Photo appをPCにinstallするとサクサク使えますという記事を見つけてやってみました。

簡単にアップダウンできました。

こちらはupload中の画面

というわけで、appはこちらからどうぞ

しかし、1T-bytesを上げ下ろしすると数晩かかりますね。

おすすめ